HOME > NEWS
素晴らしいガーデン&パーティー
昨日は、素晴らしいガーデンを拝見し
その後、室内でのコンサート付きのパーティーに参加させて頂きました!

おもてなしして下さるのは元生徒様のM様です

花が一杯で感動的なお庭です!



細かいところまで行き届いて、とても美しいです!



このような美しさを保つには、
毎日毎日数時間かけないと出来ないですよ

庭って綺麗にしても次々と変化するので、キリがないのです




裏庭も綺麗に整えられています

何て素晴らしいのでしょう〜

それがお庭ばかりでなく、室内も素晴らしく整えていらっしゃいます!

そしてM様のホスピタリティーは留めるところがございません

お客様に楽しんで頂くために、コンサートまでご用意して下さっておりました




小さなハープのような「アルパ」の演奏です!

優しい音色が心地良く響いて参ります

ご自身で作詞作曲もされる倉品真希子さん
色白で小柄、アルパにピッタリの方でした!


何とバイオリストまでお招きしていらっしゃいました!



医師でありながら、好きなバイオリンを本業とされているというTsumujiさん


更に皆で持ち寄ったお料理が並びます!



お腹一杯、胸一杯〜

M様は友人の佐藤愛子先生のレッスンにもいらしているそうで
今回は愛子先生、そして近兼文子先生にもお会い致しました!




左側に写っていらっしゃる方は
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね


女優さんの柴田美保子さん
今は亡きご主人様は有名な脚本家、市川森一様

ご主人様の意志を継いで
古事記の上演に力を注いでいらっしゃるそうです


今回のお客様は約30名
こんな素晴らしい会を催せるMさんて
何て素晴らしいのでしょう!


そう、M様は生徒様の中でも優等生!なのです!

このような方が卒業生でいらっしゃるのは誇りですね!

素晴らしいガーデンとおもてなし、本当に有難うございました!







洗練された素敵なガーデン拝見してきました♪
毎年5月はお庭巡りに忙しい時期〜


今回は、とびっきり洗練された素敵なお庭です!


それも東京のど真ん中!


昨年も伺いましたが、今年は本当に見納めとなります

というわけで、お花友達大勢で伺いました





玄関へのアプローチも可愛く演出されています


メインガーデンは



種から育てられた素敵な花畑です


優しげな色合い、祖祖とした花姿
何気ないのですが深く計算された配置


不思議なもので、ガーデンもその人の
人となりが表れます





ご主人様が、お孫ちゃまのために作られたという、こんなものまで!




素敵なお庭で、思う存分遊べるお孫ちゃま
情緒たっぷりの、お子さまに成長されるでしょうね


思いがけず!
サロネーゼお仲間の美香さんにお会い致しました!
お花友達の方が美香さんの生徒様だったのです




美香さんもガーデンを始められたそうです


それにしても、見納めの素晴らしい庭

我が家と同様、それぞれに事情があり致し方ないですね



オーブンガーデン見学して参りました〜♪

昨日、NHK文化センター青山教室主催の
オーブンガーデンを見に行く会に参加して参りました


まずお花屋さんを経営していらっしゃる方の
ガレージを利用した小さな庭を拝見致しました





こちらのフェンスは、何と手作りだそうです!


流石!という感じで
シャビーな小物が、ここかしこに〜




多肉植物が上手に飾られております

ガレージということでコンテナが多いですが
コンテナは、花の良い時期だけ表に出して
あとはバックヤードへ移動出来るので
便利ですよね


次は料理教室を開催されていらっしゃる方の広い庭です





こちらの庭のバラの手入れは
元英国大使館のヘッドガーデナ―の方がされていらっしゃるとか!

あら、実は存じ上げている方です!

以前博品館で「英国大使館のお庭番」
というミュージカルが上演された時
そのお庭番の方から
エントランス装飾を依頼され、お手伝いさせて頂いておりました!

 

(その時の記事はこちら★)



お庭で軽いランチも頂きました〜♪




以前は、私もこんなことしていたんだ〜
と、思ったり……




庭も参考になりますが
本も出版されていらっしゃるという先生の
お料理も、とても勉強になりました!


明日は、またとっても素敵な庭を拝見しに行く予定!


この時期は、お花とガーデンの記事が多くなりそうです








 


オープンガーデンの下見〜♪
温かくなり、いよいよ花の季節となりますね

この季節になると、以前の住まいで
毎年5月にオープンガーデンをしていたことが思い出されます

その頃オープンガーデンクラブ東京のまとめ役をされていた方が
今ではNHK文化センター青山で「都内のオープンガーデンに行きましょう」
という講座を開いていらっしゃいます

先日久しぶりにご連絡を頂き、
今の住まいの庭を見にいらっしゃいました




ちょっと電柱の影が〜ごめんなさい〜


以前は塀に囲まれた、秘密の花園のような庭でしたので
オープンガーデンの意味もありましたが
今では道路沿いで、常にオープンガーデン状態!





素敵な庭巡りをするオープンガーデンツアー

来年のコースに是非、というお話でした


その後、近くの義姉の素敵な庭へ〜


垂れ桜〜



足元にはクリスマスローズがいっぱい〜




植物博士のような義姉
庭じゅう花だらけです



こちらの庭も来年のコースに入るようです


そして、ここの程近くにある超有名人の??の
盆栽園も候補に上がっています!







バラ尽くしのおもてなし〜雑誌掲載のお知らせ
毎年5月に開催しております「ローズガーデンサロン」
バラ尽くしのおもてなしのガーデンパーティー

昨年のパーティの様子が園芸雑誌に掲載されました〜♪




センスがいいとほめられる「植物好きの庭作り」
世界にひとつだけの「私の庭」のスタイルブック
朝日新聞出版
P38~P43 6ページに渡り掲載して下さいました




「バラを豊かに楽しむ暮らし提案」として、庭のバラを使ったお菓子
マカロンローズやローズジュレのムースなど綺麗に載せてくださいました

勿論草花についても、いろいろ書かれていますよ



庭に広げたビュッフェテーブルも華やかに写っていますね

当時は超忙しくて、自分で顧みる余裕はなかったのですが
頑張って作っていましたね〜

それも何日も催しているのですから、良くやりましたね!


今までにも多くの園芸雑誌に掲載して頂きましたが
今回は2階から見下ろした俯瞰写真が印象的でした



右側に白っぽく見えるのが、一面に咲く「夢乙女」

丁度天候も良く、本当に記念になる撮影となりました

今まで15年間 
毎年この5月のバラの最盛期に皆様にお楽しみ頂いておりましたが
昨年のガーデンパーティをもって開催は終了させて頂きます

これまでにご参加いただきました皆様には御礼申し上げます

そして、スタッフとして陰ながら支え、応援して下さった
生徒さまには、深く感謝申し上げます

ちょっと寂しい気も致しますが・・・

本のご注文はこちら 




エレガント・ローズガーデン〜♪
バラの最盛期は一年の中で ほんの2〜3週間
この間、多くの方々にバラの香りを楽しんで頂いています

昨日は優しい日射しの中、
ティーインストラクターの皆様をお迎えいたしました


綺麗に写真撮りのできる、とても良い日でした

各所にテーブルをセットし、クロスをかけると
ローズガーデンも更にエレガントさが増して参ります

そしてティーインストラクターの方々も、皆様とてもエレガント〜

ローズガーデンを通じて皆様とお近づきになれましたこと
とても嬉しく光栄に思っております

念願かなって、こちらのガーデンを訪れて下さった方もいらしたようです



紅茶王子もいらっしゃいましたよ!


そして映画のワンシーンのようなお二人〜〜


本当に皆様、品の良い方ばかりでした!





優しいピンク色のローズティー

いわゆる茶葉は使用しておりませんので、
ティーインストラクターの皆様も、初めて飲んで頂いた本物のローズティーでした

丁度ティータイムに入ろうとした時に〜グラッと!地震が!!
大きな地震でビックリ致しましたが、その後は何事もなく良かったです

最近は、あちこちで活発な動きがあるようで心配ですね

とはいえ、そんな心配事もゆっくり考えている時間もなく〜
明日のサロネーゼのお友達をお招きしてのパーティー準備に忙しくしております

昨日の様子を素敵にブログアップしてくださいました 

またサロネーゼのお仲間とのシャンパンパーティー
ご報告を楽しみにしていてくださいね









オープンガーデンを終えて・・・
華やかなバラたちの饗宴も、少しずつ遅咲きのバラへと移行しております


ようやく開花が始まったドロシーパーキンス

昨日のオープンガーデンでは、日頃お世話になっている
サロネーゼ倶楽部の事務局の方々


ぐるりと塀で囲まれた我が家は、外からは全く様子がわからないようで
オープンガーデンということで訪れたご近所の方々も
びっくりされていらっしゃいました

そして、仲良しのバラ好きの方々にもお越しいただきましたよ

とっても素敵に撮れましたね〜!

何かガーデニングの参考になる点がありましたら幸いでございます

フィニッシングコースの生徒様たちにはガゼボの下で
花びらから作った、ローズティーを召し上がって頂きました


優しいピンク色 ほんのりとバラの香りが漂って〜

わざわざお越しくださいました皆様有難うございました

明日は、ティーインストラクターの方々のパーティー!
楽しみにお待ちしておりますね








バラのガーデンパーティー〜3日目
戸外で過ごすのが気持ち良い、五月晴れの 本日
大勢のお客様にガーデンパーティーを楽しんで頂きました



何年越しかで、ようやく今年始めていらして下さった方
毎年ご参加下さるリピーターの方々〜

皆様に支えられて、何とか頑張って開催しております


木漏れ日の中での至福のひととき

何だかどこかの公園みたい〜

なぁ〜んて自分で言ったら図々しいですね


別の角度からはこんな感じに見えます

そして何と言ってもここですね


お外での癒しのティータイムが、とても居心地良いらしく
ごゆっくりとお楽しみ頂きました

でも、皆様に美しいガーデンで気持ちよく寛いで頂くためには
それなりの準備が必要なのですよ〜

そう、庭掃除!

昨日花がらを沢山摘んでしまったので、綺麗に飾ってみました





次回は明後日
初日には開花していなかった、遅咲きのフューシャピンクのツルバラが見られますよ








2015・ローズガーデンサロンの日程
桜も満開となり、そろそろバラの季節が待ち遠しい頃となってまいりました。

拙庭で毎年5月に開催しております恒例の〜ローズガーデンサロン〜
日程が決まりましたので、お知らせさせて頂きます。



■バラのティーパーティー
16日(土)満席となりました
18日(月)満席となりました
20日(水)満席となりました
22日(金)満席となりました
10:30〜12:30
定員:12名 会費:5000円
雨天の場合は、室内で開催となります

お席の場所の予約を承ります。
1.夢乙女のドーム席

小さなピンクの花びらに囲まれ、お姫様気分に浸れるお席となります

2.モッコウバラのガゼボ席

4月末から咲き始めるモッコウバラは、この時期には花が終わっておりますが
モッコウバラの枝葉の木陰がとても気持ちの良いお席となります

3.芝生のパラソル席

周囲のバラが見渡せ、広々としたお席です。
丸テーブルになる場合もございます。

お申込みの際、第1、第2希望をお知らせくださいませ。

■オープンガーデン
5月23日(土) 10:00〜13:00
無料(おもてなしはございません)

■バラのお菓子レッスン
A:5月29日(金)満席
  バラのスコーン ローズクッキー ローズゼリー他 Bのメニューに変更しました
B:5月30日(土)満席となりました
  ローズシフォンケーキ マカロンローズ ローズジュレのヨーグルトムース
両日とも10:30〜14:00
定員:5名  
A:6000円 B:7000円

お申し込みはこちら
またはTel/Fax 0422-51-7658 木村恭子まで

最寄駅:JR中央線三鷹駅より徒歩圏内
お申込み頂戴後、詳細をご連絡させて頂きます



12年間思い続けてくれて〜
 ちょっと大げさなタイトル?かしら・・・12年間も思いを寄せて下さっていたなんて



その思いを寄せて下さっていたのは〜



〜夢乙女のドーム〜

大きく伸びすぎて困っていたこの夢乙女をドーム型に仕立てて下さったのは
ツルバラの吟遊詩人と言われた 故村田晴夫氏


小さな可愛い花を沢山つけたこの姿は 何ともエレガントで魅了されます



12年前のこちらの雑誌


2002年6月号

オープンガーデンクラブ東京1日ツアーの記事の中で紹介されました




この写真をご覧になられ ずっと思いを寄せて下さっていた方が
今年のオープンガーデンにお越しくださいました


そして12年前のこの本もまだお持ち!ということでした!!


先日同じ角度から撮ってみました



以前は夢乙女の伸びた枝がフワッ〜とウッドデッキにかかり
まるでドレスの裾のようで素敵だったのに・・・


今は花壇を作ってしまったので見えませんね

このように見比べてみると
この花壇やめてしまおうかしら〜などとまた妄想が始まってしまいます!


12年前とは少し景色が変わってしまいましたが
長い間ずっと思いを寄せて下さいまして有難うございました


また来年も是非お出かけください








| 1/2PAGES | >>

calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
selected entries categories archives recent comment
search this site.
others

ページ内容に共感頂けた方はこちらのバナーをクリック頂けますと幸いです。

  にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ