HOME > NEWS
ワインを美味しくいただくパーティー料理とホステスのマナー
    

昨日のクリスマス&忘年会はワイン勉強会の流れでもあることから
お料理はお食事というよりも
アミューズやオードブル的なものを意識してご用意させて頂きました

   
   甘エビのトマトソース仕立て

      
ご近所の美味しいフレンチにアミューズをお願いしました
シカ肉のパテ 岩のりのゼッポリー二 栗と生ハムのパートフィロ包みなど

パーティーで大事なのは、何より楽しい会話ですよね
その楽しい会話をより弾ませるのが美味しいワインと食べ物

ゲストのお喋り具合やワインの進み具合、そして食べ物の進み具合を見て
ほど良いタイミングで、スマートに次をお出しするのが
ホステスの大切な役割でありマナーかしら

   
途中でお皿を取り替えて、こちらを召し上がって頂きました

お写真には取りませんでしたが、最近評判の有楽町の食パンのお味見も〜
もっちり、しっとり美味しいのです

上の写真の左下、イチジクを入れた「鶏のパテ」
自家製柚子ジャムでもお召し上がりいただきました

この頃は皆様すっかりできあがっていましたよ〜

デザートは


おもてなしの準備はやはり大変です
掃除からインテリアの設え、テーブルを考え料理を決めて作る
我が家では、枯れ葉の舞い散る門の外の歩道の掃除もあります

そんな忙しい自分を楽しみ、そして皆様に喜んでいただくことで
その大変さや苦労も、喜びにとって変わります

おもてなしは、する方もされる方にも幸があるのです!

是非皆様も、これからの年末年始「おもてなし」を楽しんでくださいね!

   

楽しいクリスマス&忘年会★
昨日は日頃仲良くしているサロネーゼの先生方をお招きして
クリスマス&忘年会の、おもてなしパーティーでした★

お昼から集まって夜7時半ごろまで飲んだり食べたり〜


テーブルをリビングの方へ移動して、ゆったりとお座りいただきました

ちょっとキッチンでお手伝いをお願いして
   

出来上がったのはこちら
   


   

お土産に、こんなめずらしいものをお持ちいただきました
   
日本未入荷のラデュレのシャンパーニュ!

美味しく頂きながらの楽しいお喋りは尽きないですね〜

そんな楽しい時間もあっという間に過ぎて・・・

ワインの先生トコちゃんがセレクトし、前々日に送って頂いたワインです
お蔭でどれもとても美味しくいただきました
次はどのボトルを開けるのか、全部決めて下さるので本当に心強いです!

お食事は一部ケータリングを利用しましたので、今回はちょっと気が楽でした

勿論私も作りましたので、メニューは次回ご紹介させて頂きますね


   

レッスンを終えてからご参加して下さった先生、また夕方からレッスンがある先生と
日頃お忙しい先生方ですが、束の間のお時間を楽しんでいただきました


 

お気に入りのケーキスタンド
ティーパーティーの気分をより高揚させてくれる ケーキスタンド 
三段トレイ スリーティアーズともいいます

なぜか乙女心がくすぐられますよね〜♪

ひとつ壊れてしまったので今回新しく購入したのがこちら



プレートが上から順に大きくなっていくタイプのものです

折りたたみ式 組み立て式のスタンド
シルバーのアンティークなどいくつか候補はあったのですが
思うようものがなく〜暫く探していました






バラの図柄ですが一枚ずつ違っているのも魅力的~♪

お値段もお手頃でお買い得でした!






より美味しく感じてしまうのは不思議ですね〜


皆様はどんなケーキスタンドをお持ちですか?




X’masに使いたいティーカップ

 やっぱり〜X’masって特別!〜という感じで
ティーカップも いつもとは違ったものを使いたくなりますね♪


華やかな金彩のティーカップ
X’masに使おうと思い 気に入ってロンドンで購入したもの

その年のX’masに間に合うよう航空便で送っていただいたはずが〜
翌年になっても到着せず!?

四苦八苦して連絡を取り ようやく我が家に無事にやってきました

という曰くのあるティーカップ&ソーサー



あまりにも来ないので現地に何回も連絡をとったためか
何故か倍の数に〜〜?




お蔭さまでこのX’masの時期
大勢のお客様に楽しんでいただいています〜♪






〜お・も・て・な・し〜
ここ数か月 何かにつけ気になっていた言葉 
 
      〜お も て な し〜

私のサロンでも そして恐らく 皆様も心がけていること

今回 滝川クリステルさんが 丁寧に話されていたのがとても印象的でしたね



僭越ですが・・・(於)数年前の10周年記念パーティー


皆様に気持ち良く 和やかに 楽しく 寛いでお過ごしいただけるよう

心配りをし プログラムを組んだことが思い出されました



最近頂いたパフ コレクションのお手紙のテーマも

   〜OMOTENASHI〜

おもてなしとは、しつらい 振る舞い 装い




そして ある観光地でのプロジェクト

そのメンバーの方から度々耳にしていた言葉 

〜お客様を迎える おもてなしの心〜



7年後のオリンピック!!

きっと素晴らしい日本に発展しているでしょうね〜

スポーツの力に改めて感動しました!!


私も元気で〜更に自分を磨き より良いものを提案できるように頑張ろう〜♪



        








フィンランドArnoldsドーナツ

    フィンランドの味をそのまま日本へ・・・
      Arnolds こだわりの味と食感!

        というキャッチコピーで
  今月 吉祥寺にオープンしたドーナツ屋さん

 


厳選された材料 しかも 牛乳と卵が使われていないのですって!


   甘さ控えめで モチモチした食感でしたよ〜




 丸いものばかりでなく ♥ ▲ □ いろいろあって楽しそう!

   今度は どれを食べてみようかしら?








    

































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































おもてなしの仕上げ〜インテリア

      庭に咲くバラと
バラのお菓子でのおもてなしの仕上げとして
  室内でもお楽しみいただけるように 
インテリアへの気配りは欠かせませんね

       
パンジーの花生けの傍らには 小さな洋書 [THE GARDEN]
 〜TRELLIS〜  〜PATH〜   〜BENCH〜 
 

    そしてこの時期だけは バラの絵をたくさん飾ります
     
        この絵に描かれているのはオールドローズ
            〜アデレード・オルレアン〜



       
       本物はこちら  弧を描く蕾の感じがよく似てますね




      
       ヨーロッパの名窯 アウガルテンの絵付け
       毎年この時期だけ出してあげます
      
   

        
        パウダールームにもバラの絵を・・・




             そして最後に
   とっておきのおもてなしのものをご紹介させていただきます


          
       そう トイレットペーパーです!

      お客様に心地よく過ごしていただけるよう
トイレを清潔に保つことは まず最初の気配りかと思います

そして出来ればペーパーも自分らしさが出るものを使いたいですよね
    
    主張しすぎないエレガントな模様  薄い色合い

    少々お高めですが・・・   といっても数百円のこと



        おもてなしばかりでなく
 日常のセンスアップとして 使ってもいいかもしれませんね 
  (夫には向いていないと思いますので 昼間だけ使おうかしら!?)




         このペーパーは ほんの一例ですが
      このような小さな心配りを積み上げることによって 
         心地よい暮らし   配慮のある生活 
 引いては行き届いた人生!までをも築いていくのではないでしょうか。

   

         そして その小さな心配り一つ一つ
    それが最上のおもてなしへと導いてくれることと思います



     おもてなしって してもされても 良い気分になるもの!
        これは推奨していかないと いけませんね〜



      

   
ライフスタイルサロン ラフィネ 近兼文子様のブログご紹介です      
http://ameblo.jp/laraffinee/entry-11544055361.html#main


 お読み頂き有難うございました
クリックして頂けますと励みになります
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村













































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































パーティー舞台裏

    パーティってウキウキしますよね〜
    でも主催者側はドキドキなんです〜

      
      このマカロンローズは 花びらをのせて焼きました

       
         
             エルベショーン  妖精の角笛
   
           可愛いお名前の このバラの花びらです

   いくつか試してみて 色合い大きさが丁度良かったのがこちらでした

        
         オーブンで焼くので ピンクの色が少しくすんでしまいます



        
         ちょっと大変だったのが 右下のバラの模様のケーキ

    スポンジ生地 クレープ生地 バラのゼリーにバラのムース 
           それぞれ作って組み立てていきます 

      
     クレープ生地の上にバラのムースを広げ ゼリーを散らして巻きます

     
         一番下にクレープ生地 その上にスポンジをのせ
              泡立てた生クリームを広げて
           先ほどの細かいゼリーを巻いたものを置きます

        周りにキウイを並べて 巻くというかくるむというか・・・
          ゆるまないように きっちり しっかりと巻きます

            これは いざカットしてみないと
       上手に模様が出ているか判らないのですよね〜

    
          ちょっと傾いてしまいましたね〜

      一応キウイが葉っぱで ピンクと赤で花模様
         おわかりいただけますでしょうか〜



          パーティ当日のキッチンは  
           〜てんてこまい〜

      
            これはミニバンズの中身
        水分が出過ぎないように ペーパーにのせておきます

        それぞれ下準備を怠りなくすることが大事ですね

      
           マカロンはペアにして サンドします
              ピンクは もちろんローズ風味

      
      大量紅茶を何回も淹れるので 沸騰湯は欠かせません
            茶葉も事前に計っておきます


           お手伝い頂いたスタッフ総勢13名
        応援に駆けつけてくれた ティーインストラクター O様
             本当に有難うございました〜

      また 励ましてくれたりと感謝!感謝!!です✿✿✿

       皆様のお陰で無事に終了いたしました〜





ブログ記事のご案内です  是非 ご覧くださいませ

フラワーアレンジメントサロン Hearty Style様
http://ameblo.jp/hearty-style/entry-11535538821.html

http://ameblo.jp/hearty-style/entry-11536918275.html#main

フレッシュフラワー プリザーブドフラワーサロン KINUKA様
http://ameblo.jp/kinuka-f-b/entry-11541175444.html

http://ameblo.jp/kinuka-f-b/entry-11541480161.html

http://ameblo.jp/kinuka-f-b/entry-11545690023.html

フラワーサロン 〜プール・ラヴ二ール〜 TOMIKO様
http://ameblo.jp/pourlavenir/entry-11540718635.html?frm_src=thumb_module

http://ameblo.jp/pourlavenir/entry-11541261416.html

カルトナージュ プリザーブドフラワー Fairy−Rose S様 元生徒様です
http://ameblo.jp/fs-fairy/entry-11535706336.html

http://ameblo.jp/fs-fairy/entry-11535808771.html#main



 お読みいただき有難うございました
クリックして頂けますと励みになります        
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へにほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


おもてなしビュッフェパーティー
       バラのガーデンパーティーも
     サロネーゼの皆様の花を添えて
        さらに華やかに〜


横浜あざみ野:シルクフラワーとボタニカルアート教室【アトリエグレイスフルローズ】
                  こちらは智子先生の画像をお借りいたしました





  ティーのおもてなしも上品で素敵ですけれど
 アルコールが入ると 更に華やかになりますね〜


生徒様とご一緒の佐藤先生

    
    トマトのコンフィ

    
    チキンハンバーグアスパラ添え
    マルサラ風味のレバーペースト
       

    
    新玉ネギのスープ


    
    ファリナータ

   他に サーモンとリコッタ・ほうれん草のパイ包み
       バジル麩のベーコン巻き

   ざっとこんな感じだったでしょうか・・・

途中から雨がポツポツと・・・
 
ガゼボの中に避難して・・・モッコウバラの枝葉の傘 
  外は雨でも この中は大丈夫でした 
     なかなかよかったですよ〜


       ✿     ✿     ✿

    グラスはトレイに乗せてお玄関にスタンバイ
      (埃除けをかけておきましょう)

おしぼり 食器 カトラリーから使うもの全て前日までに用意

 サーブする順序 時間経過をシュミレーションしておく

  料理も前日までに済ませられるものは全て作り
        当日は仕上げのみ!

    当日することは必ずメモしておく!

   準備万端でも あっという間に時間は経って
       慌ててしまいますものね〜

★当日一番困ったこと ⇒ 雨が降るの?降らないの?
   雨が降ってしまうとパーティーは室内!
  早めにセットしたいのにセット後に降られてしまうと一大事!



      〜あと気をつけたことは〜 

   写真映えするというか綺麗に見える
         色 形 並べ方
ビュッフェですのでナイフを必要としないもの
          お味の変化
      作り慣れているものにする
      人数と椅子の数をチェック


 まだまだ あったかもしれませんね〜
 

        とりあえず 
 家族のための食材はほとんど冷蔵庫に入らない
    という状態がかなり長く続いていました〜


文句一つ言わず 我慢?してくれた家族に感謝で〜す





お読みいただき有難うございました
クリックして頂きますと励みになります
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ




大盛況!豪華メンバーで薔薇のガーデンパーティー最終回
東京も梅雨入りしたという昨日 雲行きを心配しながら
   ガーデンパーティー最終回を催しました〜

     
 
    この日をお約束したのは 2月下旬

その後桜の開花が早く バラも例年よりも早かったので

     この日まで花が持つか心配でしたが 

花たちも心を合わせて 皆さまのお越しをおお待ちしておりました〜 




   毎回登場する ウェルカムドリンク




       
                 
皆さま これまでにお越し頂いた方々の素敵なブログをご覧頂いているので
    イメージが膨らみすぎていないか 私は少々心配〜


そんな心配をよそに とても喜んでいただき感謝です

     素敵なお菓子をお作りになる 
  サロン・ド・マリー主宰の横井満里代先生

超有名 元タカラジェンヌ エレガントな生活空間を提唱なさる 
  ファブールさんこと 佐藤愛子先生





シルクフラワー ボタニカルアート カラーリスト ワインエキスパートと多彩な
  アトリエグレイスフルローズの 智子先生

フレッシュフラワー プリザーブドフラワー プロを育成なさっていらっしゃる
  フローラル・ブロッサムの 衣香先生



その他 お花やマナーをご指導なさっていらっしゃる先生方多数!

普段は ご自身が〜おもてなし〜を実践なさっていらっしゃる方たちばかり



   今日はゆっくりとお寛ぎくださいね〜


フラワーアレンジ アトリエ朋の moet先生
アトリエRose成城の               久美子先生
青山と市川でお花を教えていらっしゃる  とみこ先生
カルトナージュ トールペイントの cocomamaさんこと根来先生
ライルスタイルサロン ラ・フィネの   文子先生



卒倒しそうなくらいすごい 超豪華メンバーのお集まりです


   この日はプライベートでお約束した日

いつものアフタヌーンティーのおもてなしとは別に 特別メニュー

   それもシャンパーニュ付き 勿論  〜ロゼ〜

そして ランチつきという 豪華メニューでお迎えしておりました


バラの花に負けないくらい いいえ それ以上に美しい皆様

    それに比べて 忙しすぎて 少々やつれ気味の私・・・ 
   
 
      皆さまを見習って 
 もう少し 美しくなるよう努力しなくては・・・
     と反省いたしました〜





皆さま方より たくさんのブログをアップして頂きました
どちらも素敵過ぎて 本人がビックリしております

智子先生
http://ameblo.jp/botanical-rose-toko/entry-11540739098.html
佐藤先生
http://ameblo.jp/faveurjp/entry-11540624053.html
マリー先生
http://ameblo.jp/mariecake/entry-11540854092.html

ガーデンパーティー初日ご出席の向坂先生 
http://ameblo.jp/flora-rumi/day-20130516.html

http://ameblo.jp/flora-rumi/entry-11537500966.html

根来先生
http://ameblo.jp/cocohouse18/entry-11540959205.html



他にもご参加の方々 素敵に掲載して頂いております

出来る限り少しづつ進めていきたいと思っておりますので
よろしくお願い申し上げます



お読みいただき有難うございます
クリックして頂きますと励みになります
にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ







| 1/2PAGES | >>

calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries categories archives recent comment
search this site.
others

ページ内容に共感頂けた方はこちらのバナーをクリック頂けますと幸いです。

  にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ