HOME > NEWS
ポルトガル風エッグタルトのお稽古
昨日からの台風の影響が心配されますが皆様の所は如何でしょうか

こちらは思ったよりも被害がなく、ほっとしております

台風は困りますが、酷暑は一端おさまり
過ごしやすかったですね


さて、先日長年通っているM先生のところでエッグタルトを習って参りました♪





まず、パートプリゼというお砂糖の入らないパイ生地を作ります


いつもならこれを全体に平らに伸ばして型に入れるのですが
今回は全く違いました!


伸ばしたものをロールにし
金太郎飴のようにカットして
型に押し広げて行きます





何年もお菓子のお稽古をしておりますが
この方法は初めて〜
いつもより作りやすいです!


フィリングを詰めて焼き上げると
真ん中がフワッと膨らむのですが
次第に下がって凹んで参ります


お好みで粉砂糖を降って出来上がり〜♪





表面の焦げが特徴です!

焼き上がって冷めたところが一番美味しいのですって!


エッグタルトにはポルトガル式とマカオ式とあるのはご存知でしたか


ポルトガル式は首都リスボンの修道女によって
18世紀以前から作られており
パイ生地にカスタードクリームのような
フィリングを詰めて焼いたもの


マカオ式はマカオに住んでいたイギリス人が
ポルトガル式に改良を重ね、甘さを抑えたもの
これが評判となり発展してマカオ風に、
また香港風になったそうです


出来上がりを美味しく食べれるのも
手作りしたからこそですね!


この夏は、お菓子のスキルアップのため
ちょっと頑張ってみようと思っております













calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries categories archives recent comment
search this site.
others

ページ内容に共感頂けた方はこちらのバナーをクリック頂けますと幸いです。

  にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ