HOME > NEWS
6月の和菓子「水無月」と嘉祥祭について
今月のお料理クラスで作ったお菓子は「水無月」


京都では「夏越の祓え」が行われる6月30日に
一年の残り半分の無病息災を祈念して
この水無月を食べる風習があります





三角形の形は氷を現しています

平安時代には旧暦6月1日に行われた「氷の節句」に
氷室から氷を切り出して食べ、暑気払いをする風習がありました


いろいろなレシピがございますが
こちらでは多種の粉類を混ぜております




それぞれの違いもご紹介させて頂きました!




一度蒸しあがっものに小豆をのせて〜
更に蒸し続けて出来上がり〜♪



甘すぎずに美味しく出来ました〜♪


今日は「嘉祥祭」といわれる「和菓子の日」

平安時代6月16日に16のお菓子を供え「疫病退散」と祈願し
年号を改めた、ということです

江戸時代では重要な催しだったようですよ

赤坂日枝神社では、和菓子の祭りが執り行われます











calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries categories archives recent comment
search this site.
others

ページ内容に共感頂けた方はこちらのバナーをクリック頂けますと幸いです。

  にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ